カテゴリー別アーカイブ: エステ

ポリネシアン・エステについて

ポリネシアン・エステについて

ポリネシアン・エステについて詳細を説明していきたいと思います。
日本では2002年に作家の五木寛之が著作サイレント・ラブの中で賞賛したことで話題になりました。
ポリネシアン・エステとはその名の通り太平洋のポリネシア地域の住民の
行うエステスタイルを基本としたものでとにかく時間をかけるというのが特徴なのです。
特に女性の間で評判になっているとの事。
実際にこのエステを性生活に取り入れることで、
パートナーの心をつかむことに役立つはず。
実際にどのような方法手順なのかを追っていこう。
■日本の殿方はパートナーとの性生活より風俗店に通うことが多いようです。
梅田エリアで団体で行くならこの店舗!女の子の数が他店と違います

※ちなみにこのお店でパネルを見て他店に行くと、他の店で遊ぶのがもったいなくなります。
まず基本としてとにかく時間をかけてパートナー同士がスキンシップを行う事にある。
始める前に効果的に行えるようにする為のシチュエーションづくりから解説します。
まず男女共に体調管理を設定する事から始める。
出来れば4.5日はベッドでの行為をさけ十分に英気を養った状態で挑む事。

回春系のエステについて

回春系のエステについて

回春とは体のツボをしっかりマッサージしてもらうサービスのことを指す。
ただエステを名乗りつつ、実は風俗というバターンは多いです。
よくあるバターンでは、手コキのサービスがあるお店だ。
手コキなら同じなんじゃない?と思われるかもしれないが、エステの手コキはまた別格というファンも多い。
まず全身をゆっくり揉まれて感度が高まった後のプレイというのは特徴的だし、
エステシャンならではのぬるぬるテクニックが扱高だ、という点も人気の理由だ。
最近流行っている洗体もエステの一つの形だと言える。
ちなみにエステの前はホテヘルや性感系が人気でした。
洗体は女のコが水着になって、身体を密着して洗ってくれる。
かなりエッチなプレイが売りなのだが、残念ながらヌキはない。
ただ、結婚していて外でヌケない人にとっては逆によかったりする場合もあります。
抜きたい場合はがオススメです。
こちらのお店は女の子のサービスがいいです!

神戸風俗エステに行ってきた

神戸風俗エステに行ってきた

疲れがマックスに溜まりまくっていたので、風俗エステに行った。
この業種、けっこう料金設定が高めなので、敬遠していたのだけれど、やはり疲れマックスだったので、
マッサージをして欲しいという欲求には耐えられず、お店に電話してしまいました。
神戸福原で風俗エステならプレミアムエステ・ミヤコ
http://www.kobe-miyako.com/
福原エリアでは老舗のエステ&マッサージ&ヌキが楽しめるお店です。
女の子は質は福原エリアでもかなりレベルが高いそうです。
フリーでお願いしたのですが、現れた女の子はスタイル抜群でめっちゃ可愛い女の子でした。
歳も20代前半で、もちろんお肌もパッツンパッツンです。しかも笑顔を絶やさず、性格も良さそう。

前世でどんな善行をはたらけばこんないい女の子に転生できるんだろうか、と考えてしまうほどのいい女の子です。
基本的にヌードはNGなのですが、女の子はホットパンツにキャミという露出の高い衣装だったので、けっこう目の保養になります。マッサージ自体はそこまで上手ではありませんが、ペニスへのマッサージはけっこういやらしく、大満足のフィニッシュでした。